12月その5 - blue note.

12月その5

新規キャンバス
ヴァニラ。

私事で恐縮ですが、身内が逝去しました。

そのため、年始のご挨拶は遠慮させて頂きますが、どうぞご容赦下さい。
(イラストは、現時点でお受けしている分のみになります。)


心づもりはしていましたが、いざ訃報を聞くと、色々な事が頭を巡ります。
人一人が生きていくって、とても大変なことなのだと。改めて想う。

なんとも形容できない気持ち。
スガシカオさんの「風なぎ(かざなぎ)」という曲を想いました。
ただ悲しいとか寂しいとか、そういう気持ちだけではいられない。
ままならない状況でも、歩き出していかなければならない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

clock
検索フォーム
リンク