大晦日その2 - blue note.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日その2

その2*sorachocoラストライブ。

イベントの告知を見る度、行きたいなあ…と思いながら、なかなか行けずにいたsorachoco。
夏に解散のお知らせを知って、絶対に行こう、と心に決めていました。
そのために、師走の仕事をがーーっと頑張り。
長くなりましたので続きを読むからどうぞ。
若干押し、の開演で約2Hのライブでした。
整理番号、予想以上にステージに近くて。終始訳のわからない状態でした…
こんなに近くて、見えるのはじめてで…ど、どうしようかと;;
偶然、おとなりの整理番号でいらっしゃった同性のお方と仲良しになり、初ライブ&GA好きということでご一緒させて頂きました。本当にありがとうございます…! 

以下、完全に記憶だよりなので、言葉や時系列、発言元は怪しいです。。。間違っていたら直しますっ□`

トップバッター、郵便ランナーのPVからスタート。
映像中、リコの目覚まし時計が登場して超盛り上がる場内。(笑
この郵便ランナー、郵便やさんに扮したお二人がとっても可愛いのですー
ランナーにはそれぞれの性格設定があるとのことで、優奈さんは「慌てんぼ」、怜美さんは「しっかり者」。
途中、小走りになる振りもそれぞれの個性が現れてました。

曲の合間合間に流れる、これまでの活動を振り返る映像やスライドショー。
結成当初はふたりとも手探り状態だった、ということ。 
最初は「優奈ちゃん(さん?)」「さと(=怜美さんを略して)」と呼び合っていたり…

優「最初はサポートしないとって、私のほうが(年齢が)お姉ちゃんだからね」
怜「…Σぅん?! 今もでしょ!?」て、ボケとツッコミがw

途中、優奈さんが突然気になる所があるから、とステージ脇に引っ込み、怜美さんに「場をつなげて~」とムチャぶり。
そこで怜美さんが客席にふったのですが…「優奈さんで嫌だったところはあるか」との質問\(^o^)/エェェ

でもその答えが流石だなーと。
「最初は優奈のオヤジギャグが苦手だった、あーまた言ってるなwって感じで。でもだんだん慣れてきて、それもあって今の私達があるんだな~って(うろ覚え)」
このムチャぶりもふくめ、恥ずかしがり屋な怜美さんを前にだす…ていう優奈さんの気配りなのかなあ、と思いました。

それぞれの曲の感想。
予習はあまりできなかったのですが、初めて聞く曲、どれも良かったです。まめうしくん、RAINBOW TEARSが特にお気に入り**
優奈さん命名のバンド名「TMTM(ティムティム)」 トムジェリ…?
ソロはアルバムに収録の「I☆愛☆合言葉」と「蒼い月」。アルバムと比べ、より深みがある歌い方で、曲の物語性を感じました。
RAINBOW TEARSあたりから涙腺が危なくて、後半、頑張ってこらえてました。
ステージ上の二人が泣いてないのに。自分が泣いたらいけない!と。

ファンの方有志で青リウムを企画されていたり、最後に花束の贈呈があって、それを持ったままラストソングを歌ったり。
sorachocoが本当に愛されていたんだな…、と感じる良いライブでした。
ラストの挨拶でもらい泣きしそうになる。。

ユニットとしては、一旦区切りがつくけれども、いつかまた、ステージが見られることを願っています。
偉い人が見ていたら、今回のライブは是非、映像化して販売してください!
お願いします…!m(_ _)m

終演後のハイタッチ会。
花輪のような、一瞬のものかな…?と思っていたら、予想以上に長く。
しかも、ちゃんとタッチのタイミングを合わせてくださる…
怜美さん→優奈さんの順番で、何を口走ったかも覚えてないくらいテンパりました…; 
ステージでお疲れの中、本当にすごいです…。
自分自身の不手際で、周りの方や、スタッフさんに多少ご迷惑をかけてしまい。
そんな中でも気遣ってくださって、申し訳ない反面、ご配慮が嬉しかったです。
こんな大人になりたい、と思いました。 …いや、とっくに大人ですけれど…。


*本筋とは関係ない独り言(反転):
とても、何というか。意味のあることがありました。気づいたと言うか。
詳しいことは書きません。
ただ、そのことが分かって、よかったです。変な文章です…、ごめんなさい。




非常に長くなってしまいました。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
ライブは終演しましたが、DVDなどライブグッズがあります! これで年始休みを過ごしますー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

clock
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。